パソコンやスマートフォンの使い過ぎによる弊害

様々な種類

同じ価格帯でも効果が違う

栄養補助食品という事もあり、食品スーパーやコンビニエンスストアなど多くの小売店において購入することができるのがブルーベリーのサプリです。
現在は多数のメーカーの製品が店頭には並んでいますが、これらは価格帯にも幅があるため、製品を選ぶ時に迷う人も多く居ます。
価格帯が同じだから効果も同じかというと、実は期待できる効果はかなり違うことが珍しくありません。
これらの摂取による効果は配合成分によって決まってきます。
配合されている成分はまず使われている種がどれかによっても、アントシアニンなどの成分含有量が変わってきます。
例えば最もアントシアニンの含有量が多いことで有名なビルべりー種を使用した製品とそうでない製品とでは、価格が同じでも、アントシアニンの量が違うため効果が違ってくることがあります。
また他にもビタミンAやB群、カルシウムなどの目の栄養成分や構成成分を含んだ製品もあり、それらの配合されている成分でも更に値段が変わります。
またブルーベリーのサプリはあくまで栄養補助食品のため、小売店によっては安売りをすることもあります。
場合によっては1ヶ月分の分量が入った製品が1円前後で売られている時もあります。
このため値段だけで判断せずに成分など総合的な要素で価格を判断したいところです。

古くから重宝されてきた

北米大陸では昔からブルーベリーが自生しており、初夏につけるその実を野生動物は食していました。
同時に人間も同じくこの実を食料としており、ネイティブアメリカンは実を生食する習慣がありました。
また冬場の食料事情が厳しくなる時期に備えて、この実を乾燥させて保存食として活用してきた歴史があります。
後に新大陸を求めてやってきた新たな渡来者たちが、食料に窮乏した時にも、ネイティブアメリカンがこの実を差し出して、救った話が伝わっています。
比較的寒暖な地域でも生息できるこの種は、後にヨーロッパや南米大陸などでも育成が行われるようになり、やはり食料として活用されるようになります。
嗜好品として中産階級が好んで食したり、ジャムとして用いたりと加工食品としても活用されており、現在でも多くの人が食しています。
このように食品として長く愛されてきたブルーベリーですが、その研究によって後に目の機能維持のために必須の成分が含まれていることも判明します。
それがアントシアニンと呼ばれる色素で、目の疲労回復や緑内障などの病気の防止にも繋がることから、目の健康を気にする人が多く摂取するようになった経緯があります。
現在ではより摂取しやすいように、サプリとして販売されており更に愛用者は増えています。